1. Home
  2. 部会
  3. 雇用延長制度について理解深める~代表者会議・春闘討論集会

中小・一般部会 雇用延長制度について理解深める~代表者会議・春闘討論集会

2011年2月14日

1月23-24日、108人の参加のもと、熱海で中小・一般部会代表者会議・春闘討論集会が開催されました。 一日目は、部会補強方針の提案とパート労働者等事態調査報告に続いて、中小にとっては、今春闘の重大テーマとなる雇用延長制度について政策・企画センターの吉田和道さんから「これからの60歳以降の雇用延長(定年延長を含む)の進め方」の講演を受けました。 2011年4月より中小企業に対する猶予措置が撤廃され希望者全員の再雇用が義務化されます。さらに2012年には適格年金制度が廃止され、2013年からは60歳以降無年金期間が発生するので、向こう三年の取り組みが重要となっているのです。 さらに、以下の四単組から取り組み事例報告を受けました。 ① 部会春闘補強方針(参考賃金水準)をもとにした賃上げの取り組みとして、化学一般埼玉太平化学製品支部の若月書記長、化学一般茨城県本部カガミクリスタル支部の長谷川委員長より報告 ② 非正規労働者に関する取り組みとして、連合の「間接雇用労働者に向けた取り組み事例集」に取り上げられた化学一般神奈川のアイロム製薬支部藤田委員長と横浜油脂支部石原書記長より報告 二日目は、6分散会に分かれて、・部会参考賃金水準の活用・雇用延長の取り組み・非正規労働者に対する取り組みについて意見交換をすすめました。 賃金水準そのものの引き上げ、若年層や非正規労働者をめぐる格差の是正について一歩を踏み出せた春闘としたいと考えています。
吉田氏による講演

吉田氏による講演